2015年06月01日

危険自転車に講習義務 3年間に2回摘発で

重大な事故につながる「危険行為」を繰り返した自転車の運転者に、安全講習の受講を義務づける改正道路交通法が1日に施行される。改正法では、従来の道交法違反にあたる悪質運転のうち、信号無視や酒酔い運転、交差点での一時不停止など14項目を危険行為と規定。自動車に比べ、運転ルールを学ぶ機会の乏しい自転車の運転者に対し、受講を通してマナーを向上させて自転車の死亡事故などを減らしたい考えだ。

 1日に施行される改正道交法では、刑事処分とは別に、3年以内に2回以上、危険行為で摘発された14歳以上の運転者に、各地の警察本部や運転免許センターなどでの安全講習(3時間、5700円)の受講が義務づけられる。受講の命令を受けて3か月以内に受講しなければ、5万円以下の罰金が科される。

 警察庁によると、2014年中に交通事故で死傷した自転車運転者10万6427人のうち、約64%にあたる6万7876人が、信号無視などの道交法違反に問われるケースだった。刑事処分の対象となる「交通切符」(通称・赤切符)の交付件数も昨年は7716件で、同庁が全国の警察に自転車の取り締まり強化を指示した06年の268件の約30倍に急増。自転車の運転マナーが問題となっていた。
posted by daisharin at 10:51| Comment(0) | 情報・報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする